熊本地震、西日本豪雨、台風19号、近年は大きな災害に見舞われた日本。国の指針では、災害時のペットとの同行避難が推奨されていますが、実際の対応は各自治体に任され、なかなか進んでいないのが現状です。直近の災害時に、ペットの避難に関してどのような状況だったか、調べてみました。

【台風19号】避難所でペットの飼い主苦悩 福島県内は受け入れ認めず

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201911/20191107_63035.html

【台風19号】ペット同行避難進まず 指針ない自治体も

https://mainichi.jp/articles/20191201/ddm/041/040/084000c

【台風19号】犬や猫の避難所が一部で設置されたものの、存在を知らずに自宅にとどまったケースも見られたという

https://mainichi.jp/articles/20191030/k00/00m/040/020000c

【西日本豪雨災害】豪雨災害でペットはどうする? 全国初と言われたペット同伴避難所の実態とは

https://dot.asahi.com/dot/2019070300080.html?page=1

【西日本豪雨災害】災害時の避難促進にペット同伴認めるべき」岡山・総社市長提言、西日本豪雨の経験から

https://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/180908/evt18090809320005-n1.html

【熊本地震】熊本地震で学ぶ “ペット同伴避難” の現状と課題「飼い主の意識改革が必要」

熊本地震、西日本豪雨の教訓をもとに、台風19号時に一部の避難所で犬猫の受け入れがなされたとの情報もあり、少しずつですが前例が出てきたようです。まだまだ安心して同行避難できる状況ではありませんが、1例でも出てきたことは嬉しいですね。対応は自治体頼みではありますが、情報発信などで少しずつ働きかけていきたいと思います。

 

この記事を書いた人:

いぬねこカウンシル福岡  元尾
いぬねこカウンシル福岡  元尾

いぬねこカウンシル スタッフ。
自宅に動物を飼ってないので、エアーペットで(あたかもそこにペットがいる妄想をして)楽しんでます。

Similar Posts